結婚式はドレス?着物?トップメイン画像

結婚式にドレスを着て参加する人が多いですが、最近は着物を着て参加する人も増えています。
それぞれにはしっかりとした特徴とメリットがあるのです。


結婚式にドレスや着物を着る女性陣

結婚式のゲストとして参加する際、ドレスを着て参加すると思います。
多くの女性は華やかなドレスを着て出席することでしょう。
ですが、最近は着物を着て参加する女性も少なくないのです。寧ろ増えてきていると言ってもいいでしょう。

結婚式は必ずドレスじゃないとダメ、着物じゃないとダメといったルールがありませんので、自分が着たいものを着て結婚式に参加する形になります。
今までドレスだった人も、着物を着て参加してみるのもいいのではないでしょうか。
逆に今まで着物で参加していた人も、ドレスを着て参加してみるのも素敵ですね。

結婚式のドレス、着物についてまとめました。


着物の人気も増えています

着物は40代くらいの女性が着るものだと思っている人もいるでしょう。でも実際は、若い女性でも着ている人が多いのです。
例えば、成人式の時に使った振袖。振袖は未婚の女性なら着ることが可能ですので、結婚式のゲスト服として選ぶことが多いです。
既婚者の場合は訪問着や黒留袖が主流になります。

このように、どの年代でも着物を着て参加することは可能なのです。
日本の伝統を守った清楚で奥ゆかしい雰囲気が漂うので、品のある女性に見られることもあります。


ドレスも着物もマナーが大事

ドレスと着物、どちらを着ても問題はないのですが、しっかりマナーを守ることが大前提になります。
ドレスと着物はそれぞれマナーが違いますので、その点をしっかり理解して着用するようにしましょう。

当然、花嫁と同じ色のドレスを着てはいけませんし、露出の激しい服を着るのもNGです。
キャバ嬢や花魁をイメージするような派手な装いは結婚式に不釣り合いです。過度な露出を抑えた控えめな衣装で参加することが大切です。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦であることを忘れないようにしましょう。

結婚式のドレスを探すならレンタルで:パーティーレンタルドレスモーダ